三角点めぐり

昨年の11月23日に登り、確認出来なかった三角点、「二ノ輪」、山名、尾谷峰に登ろうといつもより早く家をでて鶴来の犀鶴林道を走る。朝日があたり山が紅葉し始め美しい。わくわくしながら落石の多い林道を行く。

P1080971.jpg

ガ、ガァ~ン、最低鞍部の辺りでこれから目指す林道が通行止め,時刻も10時となり、どうしようもないのでここから内川ダムへ抜けそこいらの三角点を探す事にする。


P1080972.jpg

2万5千図「金沢」には描かれて無いのだがキュアタブがここだよと指す「内川」三等三角点322.3m
キュアタブが指す地点は崖の上、どうもここは亡失らしい?

P1080977.jpg
P1080978.jpg

野田山三等三角点 175.09m ここは山田果樹園の中、柵の外から標石と国土地理院の大切にしよう三角点の白杭がみえました。

P1080979.jpg

満願寺山 ここは九万坊大権現が祀られている、実は山代にも九万坊山がありその謂れはこの九万坊山を信心した人が山代で開山したものらしい。そのことを調べたレポートが家の何処かに在る筈なのだが今、探してみても見当たらない、
三角点は危険につき立ち入り禁止と書いてある急な石段を上がって行く。石段を掃いていたおばさんに断りを入れて登る。

P1080980.jpg
P1080982.jpg

   窪 四等三角点 176.59m

P1080985.jpg

続きを読む

トレランのコースを辿る

今年のトレランの為に切り開かれた尾根道を辿ろうと計画した。水無山~刈安山~風谷のコースは積雪時に一度経験しているが
無雪期では水無山から刈安山は途中迄しか経験していないのだ。
まず、マウンテンバイクを我谷ダムにデポして置きます。ここから車を止める白山神社まで約5㌔一部を除いてほぼ下りの軽快なダウンヒルを楽しめる筈だ!

P1080947.jpg

ここから水無山に登るのは初めてである。何事も初めてというのは心ときめくものがあり、、登った事のない山ばかり探すのはそんな心のときめきを求めているのかも知れない。

P1080948.jpg

ここが源氏山か?、、スポーツ広場荒れています。最近利用されている形跡が無い、、

P1080950.jpg

水無山にスキー場があった事を知っている人は自分も含めもう年配の人しかいないのだろうな!

P1080954.jpg

嫁が指差す方向が今回切り開かれた尾根道です。水無山の下山道は真っすぐ降りて行きます。ここに案内板が必要かも、、
地形図を持たず、事情の分からぬ登山者は戸惑うと思う。

P1080955.jpg

だいぶ来ました。振り返ると水無山と鞍掛山が一直線上です。

P1080957.jpg

キュアタブが現在地を示してくれます。初めての山でガスったり、見通しの利かぬ藪の中で現在地が分かる程、心強いものは無い。キュアタブ、いい買い物をしました。

P1080956.jpg

刈安山でソバを食べる積りで昼食は少な目に持って来たのに肝心のソバ屋さんが営業していない。この連休の良い天気に店を開かずいつ開くんだ!といいたいが駐車場には車の姿は見えず、、、営業しても利益に繋がらないのだろうな!

P1080958.jpg

風谷峠を降ります。

P1080959.jpg

峠の地蔵さん穏やかな顔立ちをされています。この峠道、えぐられた峠道に落ち葉がたまりぬかるんだ上にイノシシが掘り返しかなりの部分でぬかるんでいます。長靴を履いた自分等が躊躇するくらいなのでトレランシューズの選手達は相当難儀したと同情します。風谷峠は長靴で歩かれた方が無難です。

P1080960.jpg

風谷村、無人の様です。何か店を開いた人が入ると最近、新聞で読んだ気がするのだが、、もう撤退したのかな?、、

P1080962.jpg

この橋の名前「飛越橋」です。とても飛び越えられる川幅では無いぞ!

P1080965.jpg
 我谷ダムに至る林道がイノシシの掘り返しと水ハケの悪さでズブズブです。長靴を履いてきて正解だが、風谷峠からこっちは歩いていても全然楽しくは無い!トレランの選手には気の毒で、これはコースの変更を是非お願いしたい所です。

P1080969.jpg

全国的にも珍しい、ダムの上に国道が通る我谷ダムを裏から見ています。このトレランコース全長が78㌔あるのだが今日歩いた距離をメジャーマップで大まかに計った所、やっと9㌔、序の口の序の部分です、選手にすればウオーミングアップが済んだ所か?ここから富士写ヶ岳を登り、真砂まで走り大日山を登り、、etc,と考えると自分ではとても無理!、、ここを完走した選手って日頃どんなトレーニングをしているのか?知りたい所だ!風谷峠から我谷ダムのコース、おすすめできません、事実歩いていても全然楽しくは無かったのだ!

P1080968.jpg

倉ノ又 三等三角点

昨年の10/23 に訪れ辿る林道を間違え敗退した「倉ノ又山」の三角点を訪ねてきた。林道の途中に山小屋があった。
もう冬仕舞いを施してあります。 

P1080932.jpg

日が射して明るい林道を歩きます。

P1080943.jpg

林道が極端にカーブし下って行く地点から藪に突入します。

P1080935.jpg

三角点手前40m位から笹の猛烈な藪が待っていました、

P1080938.jpg
P1080936.jpg

国土地理院の白杭もなくほぼ埋没した三角点でした。周辺の笹を刈り三角点を掘り出してパチり、、キュアタブが無かったら今回も間違いなく敗退でした。地形図だけでは藪の中の埋もれた三角点を見つけるのは非常に困難です。

P1080937.jpg

  倉ノ又 三等三角点 1215.58m
誰も訪れた形跡が無い三角点でした。

P1080941.jpg

続きを読む

石子山 三等三角点


午後2時を過ぎてから懸案の三角点を探りに行く事にした。過去3回訪れて発見出来なかった三角点であるが今回はキュアタブの力を借り発見しようとの魂胆である。雨が降りしきるのも厭わずやってきました福井市下宇坂小学校

P1080931.jpg

やはり、何度も探した周辺にあるらしいのだが、見つかりません。

P1080930.jpg

柵の外側のわずかな幅の中に鎮座してました。まさか柵の外のわずかな隙間にあるとは思わず敷地の中ばかりさがしてました。キュアタブが無ければ今回も空振りだったと思われます。草の丈が短いのも幸いしました。 石子山三等三角点 81.32m 福井県福井市

P1080929.jpg

雨晴海岸

昨日までの好天気は何処へ行ったのか、今日は空模様が芳しくなく福井、滋賀方面は午後から雨となるそうで予定していた山行は取りやめ富山方面へ出かける事にした。これといったプランは無いのだが三角点でも探しに行こうか、と出掛けてきた。
本日の目玉は氷見市の雨晴海岸、 

P1080913.jpg

ここはおなじみの撮影スポット、曇っていて立山連峰は見えず残念、チラホラと観光客が訪れて来ます。

P1080921.jpg

地形図には表示されていないのだが、、キュアタブの三角点ロイドでは表示される三等三角点があるのだ。

P1080917.jpg

地下埋没式の三角点です。その名も 太田三等三角点 3.54m 富山県高岡市 2万5千図 伏木

P1080916.jpg

もう一つの目玉  白山 三等三角点 90.23m
富山県高岡市 2万5千図 伏木


P1080922.jpg


二上山万葉ラインの入り口付近にありました。地形図だけでは何処から取付いたらいいのか判断の難しい場所だがキュアタブのお蔭で藪漕ぎながらスムーズにゲット!地形図にも描かれていますが三角点のすぐ横は崖です。

P1080923.jpg

続きを読む

プロフィール

藪漕ぎ山男

Author:藪漕ぎ山男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード