八乙女山

本日は午後から雨との予報、雨が降っても短時間で登れる山と云う事で八乙女山を選んだ。途中、井波の道の駅に寄る。
さすが、彫刻の町、素晴らしい木彫の作品を数多く見れて感激!近くまで何度も訪れているのにどうして今まで来なかったのか?と悔やまれる程でした。

P1090733.jpgP1090734.jpg
P1090732.jpg

閑乗寺公園散居村展望広場、ここは見晴最高のロケーション、東屋のベンチを借りて展望を楽しみながらコンビニのおにぎりを食べました。ここが八乙女山登山口の五合目となっていますが、横着をおこしさらに車で林道を進みます。

P1090737.jpg
P1090740.jpg

通常、この東屋から登り約20分で山頂に至るらしい。

P1090741.jpg

さすが彫刻の里、祠の中に木彫りの涅槃像が祀ってあった。

P1090744.jpg

カラフルな東屋から、まだ通行可能な林道を進むと車止めがあり、そこからものの1分で
    鶏塚 三等三角点 751.6m

P1090747.jpg

三角点頂上からの視通なし、、笹百合が4~5本咲いていた。この花は清楚で好きです。

P1090749.jpg

赤祖父山の登山口近くに丸山展望台がある。その近くに丸山 四等三角点があるのだが、点名板を量産してた頃にこの三角点を1等三角点と間違えしかも標高も微妙に違って作成してあった、1等を削り4等に変え標高の間違いはマジックで訂正した。
どっちみち誰も目にする事も無いだろうと思われる追伸 点名板制作時の三角点は現在の展望台の位置にあり展望台を作るに辺り現在の位置に移動させたようだ、地形図では492mになっていました。

P1090753.jpg
P1090754.jpg

展望台から覗いたすぐそこの藪の中である。

P1090755.jpg

丸山 四等三角点 496.84m 短いながらかなりうっとうしい藪でした。 

P1090756.jpg

帰途。不動滝を見学、ゆうゆうランド花椿に入浴して帰る。

P1090760.jpg
P1090761.jpg
P1090765.jpg

残念な話

昨日と今日は山代温泉で最大の「菖蒲湯祭り」である。しかし、親族が老齢化し祭りに呼ぶという事もなく、ここ数年は神輿も見に行かず町にも繰り出す事もなくなった。まぁ、それはそれで良い、家で狼煙の音でも聞いて焼酎をチビリチビリ飲んでいれば祭り気分を少しは味わえたのだ、、所が一週間前に奥歯が痛みだし、歯医者に行きとりあえず化膿止めと痛み止めの薬をもらって、今日、抜歯の日だったのだ。思ったほど痛みもなく奥歯を抜いたのだが、今日一日は酒もダメ、風呂もダメ、運動もダメと好きな事はぜ~んぶ禁止なのだ。
残念な事がもう一つ、、珠洲市宝立町鵜飼にある見附島(通称軍艦島)ここに三等三角点「見着島」28.34mがある。
昨日、嫁が休みで家にいると云うので珠洲市役所に登ってもいいか?問い合わせて貰った所、、自己責任で登ってもいいんではないかとの返事だったそうで「念のため地元の観光課の責任者に問い合わせて下さい。と電話番号を教えてもらい連絡したところ、能登地震でお社も道路も崩れたままで危険なので絶対登ってはダメ、、との事であった。(゚´Д`゚)゚。
あ~ぁここは押さえて置きたかったなぁ、

P9031317_20180605184353e63.jpg
P9031316_2018060518435475e.jpg

登山道整備 11

仕事の原料が入荷せず止むを得ず?むしろ喜んで機械を止めた。折しも天気は良く真砂谷新道の整備に入る。平日なのにボチボチと山に登る人もいるもんで真砂の駐車場に車が一台止まっていた。大日山にでも登っているのだろうか?、
徳助新道の途中、かすかに鈴の音がしたような気がした、しばらくしてダブルストックの若者に軽く追い越され、引き離された。
自分も歳なのか、、膝を痛めてから走る事が出来ず足腰が衰えたのか、、少し落胆した。
ともあれ、山はすがすがしくて気持ちが良いです。


P1090621.jpg

徳助の頭迄もう少し、作業時間で30~40分の所まで来ました。明日は真砂谷新道の整備を終え、小大日を越え九谷越えまで刈り払い機を移動する積りである。嫁さんも同行してくれるよし、、ありがたい!

P1090623.jpg

まるで迷彩仕立てのような刈払い機のデポとなりました。明日またくるのだからこんなに厳重に包まなくても良かったのだが、、

P1090622.jpg

徳助新道の登り口付近に「シャガ」の花が群生している。

P1090626.jpg

登山道整備 8

今日も登山道整備、富士写ヶ岳の我谷登山口はほぼ満車状態、菅倉の登山口には10台余りの盛況ぶり、我が高倉はなんとゼロどうしてこんなに人気ねぇ~の?、、まぁ、確かにこの急登りこたえるわなぁ!
蛸坊主の北斜面の石楠花は今が盛りです、

P1090597.jpg
P1090601.jpg

      石楠花と小大日、ちょっと狙ってみました。

P1090602.jpg

      笹の迷宮、刈り払いました。

P1090608.jpg
P1090610.jpg

全く笹や草木が生えない区画があるのだが、、いったいどういう訳なんだろうか?

P1090609.jpg

本日の刈り払いは千本杉の頭の登りに差し掛かる手前まで進みました。刈払い機はここにデポして、次回からは真砂から徳助の頭経由でf現場に向かいます。まあ、来週の話だけど、、

P1090607.jpg

チェンソーアート

5月5日は前坂キャンプ場で開かれるチェンソーアートを見に行くと決めていた。途中の勝原の荒島岳の登山口は溢れんばかりの車で路駐ありの下のスキー場の駐車場 (ここに車が停まっているのを初めて見た)まで車が入っていた。催事は9:30からの予定だが前坂キャンプ場には余裕で着いた。

P1090525.jpg
P1090520.jpg
P1090521.jpg

さぞかし賑わって人で一杯と想像していたのだが、、がら~んとしていて寂しいくらいである。折角きたのだから!と頑張って一時間くらいチェンソーアートを見ていたが厭きてきた。音はガンガンうるさいし、なんか想っていたのとは違うし、、作品を見てもこれは欲しいと思うものがないのだ。

P1090527.jpg
P1090524.jpg

     ただ公園の一角に咲いていた花桃がやたら綺麗だった。

P1090529.jpg
P1090530.jpg

前坂キャンプ場から石徹白へ抜けて白鳥から福井へ帰る事にする。途中の石徹白ダム


P1090533.jpg
P1090532.jpg

また、またキュアタブを見ていた嫁が「あんた、こんな所に三角点が在るよ!」と桧峠で言った。成程、キュアタブを見ると車道から50mも離れぬ位置に三角点が表示されている。今日はドライブの積りでジーパンにスニーカのイデタチで目印も鉈鎌も何にも持たぬがこの距離なら何とかなりそう。

P1090535.jpg
P1090539.jpg

大日ヶ岳登山口からすぐに離れ左の高みに進みます。ものの5分で三角点発見!

P1090536.jpg

    檜峠三等三角点 983.33m ゲッツ!、、

P1090538.jpg

桧峠~白鳥へ下る坂道、いたる所にこの「すべるぞ~」の立て看板、冬期間はマジですべりそうで怖いリアルな看板である。

P1090540.jpg

帰途、白鳥からループ橋を通り油坂峠の頂辺りでキュアタブにて「臼本」三等 1115.59mを見つけた。林道が最後までつながって表示されているが、、出だしで石が散乱し車は「うう~ん」と難しい感じである。でも最初から歩いても4㌔程度。しばし考えたが、「よう~し、決めた。」 「あすの登山道整備をやめてここにアタックするぞぉ」 てな訳でさっさと帰ります。まだ時間は早いが国民宿舎 九頭竜パークホテルで入浴¥300午後2:30で一番風呂の貸切だった。すぐ近くの平成の湯の混雑状態とは天と地の差ではある。余り宣伝せずこの状態が長くつずいてくれた方が当方としてはありがたい。
まだまだ時間も早いのでキュアタブにて大野の有終東小学校の電子基準点を確認に行きました。

P1090542.jpg

有終東小学校のプール横に電子基準点 「大野」182.27m ゲッツ!

P1090543.jpg

もう一つおまけに「横枕」 四等三角点 167.7m
切りがないので今日はこれ位で帰る事にする。

P1090547.jpg
P1090546.jpg

大野盆地は四方が名山に囲まれ展望がいいのでうらやましい! 荒島岳 横枕の三角点から撮りました。

P1090548.jpg
プロフィール

藪漕ぎ山男

Author:藪漕ぎ山男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード