草間岳

草間岳に登りに来ました。新しく買い求めた地形図に西布市から鉄塔巡視路が伸びているのを発見しここから登ってみようと思ったのだ!ちゃんと下見をしてあるので巡視路入り口は分かっています。

P1090329.jpg
P1090331.jpg

入り口が雪だったのでカンジキを担いで来ましたが、、巡視路に雪は無くまるで遊歩道の様!快適に登ります。

P1090332.jpg
P1090333.jpg
P1090336.jpg

その後も少し、雪が残りますが、、全然問題無し!

P1090337.jpg

シカの角を片方だけ発見、、何処かに骨でも残ってないかと廻りを探すが手がかり無し、、角は持ち帰らず、そこに残してきた。

P1090338.jpg

巡視路から外れ、尾根ずたいに草間岳に向かいます。地形図を読むと後、800m位か、、今の時期、藪は薄く、、しかも、所処に刈込のあとが見えます。


P1090339.jpg

白い道跡は大仏寺線でピークは剣ヶ岳でしょうか?

P1090340.jpg

ピークには2:00でつきました。下りは1:15、、2年前?に付けた点名板が健在でした。
思った通りに鉄塔巡視路利用ですんなりピークを踏め、落ち葉が多く歩を進めるたびサクサクと音がして気持ち良く歩く事が出来、大満足の山行でした。さて、来週は何処の山へ行こうか?

P1090341.jpg

とのお新道整備


加賀山岳会の例年の行事で鞍掛山、とのお新道の整備に入った。その後のシシ鍋が目当て?でやっているようなものではあるが、、、去年の4月に一度使ってから、膝を痛め、燃料も抜かずしまってあったチェンソーのエンジンがかかるか心配だったのだが、問題なく、始動してくれたので内心、ホッとした。

P1090291.jpg

作業は順調に進み、後山頂上に至りました。白山が綺麗です。

P1090297.jpg

昨年刈込んで、笈、大笠山が望める様になりました。

P1090298.jpg

今年は、大日山、小大日を望めるようにしました。

P1090299.jpg

豊田シェフ、渾身のシシ鍋、見栄えするように人参を桜の形にしてあります。

P1090300.jpg

〆はうどん投入で満腹になりました。御馳走様でした。

P1090302.jpg

続きを読む

高山 三等三角点

2万5千図「越前大野」に載っている「草間岳」、ここには2度登って三角点の確認もしているがいずれも福井市の「南宮地」からである。ところが最近手にいれた三色塗りの平成28年発行の地形図には新しい鉄塔が「西市布」から伸びていて、この鉄塔巡視路を使えば快適に「草間岳」に登れそうだ!よし!この巡視路を使って登ってみようという事になったのだが、しかし、その前に「草間岳」の真向かいにある「高山」三等三角点578.9mをやっけてしまおうと今日、出掛けてきた次第である。
国道476号のカーブした地点から林道が伸びているが、、なんと除雪されているではないか、、最初から歩く積りでいたのだが、日曜日でもあり何かの作業中でも今日は休みだろうと車を乗り入れてみると暫くでこんな雪の壁がある。もし、雪が緩んで崩れたら、(車検の際に車からスコップを降ろしてある)どうにもならぬので崩れる心配のない地点まで車をバックさせ退避所に車を止め歩きだす。

P1090270.jpg

この作業車は除雪用では無く切り倒した木を掴むやつである。で大方の予想では早く作業を始めたい林業の人がこの作業車で除雪をしているようだ、、効率は凄く悪そうだが、、

P1090272.jpg

時たまゴボルがツボ足で行けます。

P1090279.jpg

林道をヘアピンカーブから見捨て尾根を歩きますが、又しても林道にぶつかりました。

P1090274.jpg
P1090287.jpg

切り倒した杉の木を搬出するために最近切り開いた道のようだ!

P1090288.jpg

頂上近くには雪もなく、道が現われた。スコップを忘れ三角点の確認は無理だと思っていたのだが、、、

P1090282.jpg

    
      「高山」 三等三角点 578.9m 確認しました。

P1090283.jpg

帰途、2万5千図「永平寺」に記載の全三角点は確認済みだと思っていたのだが手持ちの平成23年に更新の地形図に記されぬ三角点があるとキュアタブが教えてくれた。「京善 四等三角点80.30m 福井県吉田郡


P1090290.jpg
P1090289.jpg

むしろしき山

池田町のむしろしき山に登りに来ました。国道417号線の板垣トンネル手前に今は雪に埋もれているが小公園がありそこから林道が伸びている。丁度除雪の際に出来た退避所に車を止めカンジキを履いて出発した。

P1090248.jpg

3ヶ所程デブリの跡がある。雪は固く締まっているので緊張感は無い。すぐにカンジキを外しツボ足で歩く。
快適な歩きであるが雨が降ってきたので雨具を着る。

P1090250.jpg

目指す山頂の紅白の鉄塔が見える、ここから直に登ろうか?とも思ったが余り長い距離でもないので大人しく林道を歩いて行く。
本当はここは山スキーで来る予定であったのだがスキーは今回の膝を痛めた原因でもあるので少し遠ざけているのだ。ここいらは初心者ゲレンデにうってつけだ。

P1090251.jpg

ツボ足なのでドンドン行けます。

P1090252.jpg

林道がカーブしたら眺望が開けてきました。が、、部子山はガスの為、頂上部が見えません。

P1090254.jpg

林道のカーブ地点から尾根に取付きました。迷いようのない狭い一本尾根です。ここに来て天候も回復しました。

P1090256.jpg

凄いバランスで木を切り倒しましたね、、、拍手です。

P1090259.jpg

頂上の紅白の鉄塔が見えて来ましたが腹が減ったのでご飯を食べる事にします。池田町に来る時は町の駅「こってコテ池田」で弁当を買う事にしているのだ。

P1090260.jpg

嫁はチラシ寿司とコロッケ、ワシは炊き込みご飯のセットなのだ、どちらも美味、、、

P1090257.jpg

この頂上部からは唐木岳、段ノ岳、大小屋山などかって登った山が手に取るように見えます、霞んでいて良く見えないがひょっとして冠山も見えているのでは無いだろうか?そんな眺望抜群の山です。

P1090267.jpg

三角点は鉄塔から300m程、離れています。厚手の紙をラミネートした簡素かした点名板、まだ持っていました。意外と長持ちするものなのだ。一昨年の春に付けたのだと思うのだが?、、

P1090266.jpg

積雪量はまだ分厚いがマンサクとタムㇱバが芽吹いていました。もうすぐ春ですね~自分としてはまだまだ残雪の山を楽しみたいが、、

P1090269.jpg

火燈山


龍ヶ鼻ダムにやってきました。ここはダムの管理の為に必ず除雪するので安心して予定を立てられるのだ。
正面の山は鍋倉山、(三等三角点が在ります)ここからは難攻不落の山に見えますがちゃんと登る手立てはあります。(竹田の集落から登れる)

P1090220.jpg

ダムの湖面が雪に覆われてキレイです。

P1090221.jpg
P1090222.jpg
P1090224.jpg

わずらわしい藪を抜けこの尾根にのると大パノラマが開けます。

P1090228.jpg
P1090223.jpg

       頂上からの富士写ヶ岳

P1090235.jpg

             丈競山

P1090247.jpg

なだらかな二つ目のこぶが火燈山です。天気がよすぎて平野部が霞んで見えるのが残念である。

P1090242.jpg

余りの好天気で雪が腐り重くて下りが余り楽しくなかった。その所為で下りに1時間30分かかってしまった。ちなみに登りは3時間
ダム近くまで降り、用水を飛び越そうとした瞬間に腰ほどの用水に落ち登るのに難儀した。またダムの管理棟近くの配水の溝にもドスンと落ちた。今日は厄日か?、、長年、山に登ってはいるがこんな体験は初めてである。無傷でよかった!

P1090243.jpg
プロフィール

藪漕ぎ山男

Author:藪漕ぎ山男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード