富士写ヶ岳、般若岩

登山口
昨日、念願の山目平の三角点を確認した。今日午前中は区の一斉掃除
午後から暇が出来たので富士写ヶ岳の山腹にある般若岩に登る事にした。
登山口はR364を我谷から御簾滝トンネルを抜けて暫くの所にある。
駐車スペースには鈴村おさよ婆さんの墓と蓮如上人とのいわれが書かれている。
蓮如上人
登山道はおびただしく荒れている。
いくら達者な「おさよ婆さん」でも弁当引っくり返してこけるぞこりゃあ!
まず普通の人は洞窟には辿りつく事が出来ないだろう。
事故が起きそうなくらいのレベルである。
洞窟全体像
汗まみれになり般若岩に着いた。
洞窟をみて戸隠の五十間長屋を思い浮かべた。
帰りに沢をそおっと覗くと10cm位の岩魚を3ヶ所で確認できた。
2,3年そおっとしとけよ、みんな!

倶楽部超剛筋

筋トレ仲間の集まりである。
元々は記録会をした後に慰労会で飲んでいたのが
いつからかホルモン(大野の星山ホルモン)主体の飲み会になってしまった。
とはいえ盛り上がってくるとすぐに腕相撲となる。

星山ホルモン
期待の新人が入会しトレーニングのレクチャーなどで
大いに盛り上がりさあ~腕相撲だ。
K君は県内では無敵の猛者、皆に手ほどきしてもらう。
素人の中では敵無しのワシ等も赤子の手をひねるような物である。
この太い腕を見よ。
相手は期待の新人、ベンチプレスでは120KをAPするが相手にならない。
みんな負けず嫌いばかりなのでオチオチしてはいられない。
「全然トレーニングしてませんよ。」といいもって
その実、必死のトレーニングをしてくるのだ。
今日は腕と胸が筋肉痛になってしまった。
腕相撲

つい最近ネットで「戸谷隧道」の動画を見た。
タイトルが「日本最狭、戸谷隧道」と興味をそそるもので
パジェロミニがぎりぎりの巾で凄くインパクトがあった。
2万5千図の「動橋」を広げると「菩提町」~「大杉」に破線の道が確かにある。
今日は午前中は所用があったので午後から出かける事にした。

戸谷隧道

愛車にリトルホンダを積み込みヘルメットにカメラを取りつけGO!
ダム湖畔の駐車場でリトルに乗り換える。
赤瀬ダムを渡るとすぐに「車両進入禁止」の看板があり
道巾が狭まった地点では鎖が掛けられていたが施錠されて無かったのでそのまま進入!
以後何があっても自己責任と気が引き締まる。
荒れた林道ではあるが4駈の車なら走行可能!(大型車不可)



戸谷隧道

バイクなので隧道はそんなに危険という感じはしなかったが車だと
相当圧迫感があるだろう。恐らくドアも開かないだろうし、、、
隧道内はコンクリート舗装されていた。
菩提町まで行って又引き返してきたが途中見ごたえのある大きな滝が2本あった。
また地蔵さんも2体あり当時の生活の匂いがした。
動画を取ったがまだ編集の仕方が分からないので当分はUPできないのである。
そう云いながら1年が過ぎた。
いい加減に勉強しなくては、、、動画もだいぶ溜まってきたし、、、

昨日、帰って来て良かった。

4日、5日、6日で予定していた山の山名板が家に帰って来た。
昨日は好天で少し残念な気もしていたが今日の暴風雨をみると
つくずく「あぁ~良かった」と思う。あのままもう一泊したら
今頃はずぶ濡れで惨めにテント撤収をしている頃かな、、

戻ってきた山名板

昨日は行動中、濡れた物を干せたので随分乾いた。
それでもシュラフ、シュラフカバーなど干さねばならぬし
登山靴、スパッツなどは洗わないとドロドロである。天気であればすぐに乾くが
これじゃぁ中々だ。こんなものは部屋干させてはもらえないし、、、

昨日の後片付け

登山口にいた「横浜」ナンバーのお父さん、今日予定していると云っていたが登山中止にしただろうか?
まさか、この雨のなか「強行」するとは思えないが
北アルプスの遭難のように普通考えられない事をする人もいるのではある。

今日からBLOGを始めます。

初めまして。
藪漕ぎ山男です。

本日から、山登りに関するBLOGを始めました。

ぼちぼち更新していきますので、宜しくお願いします。

とりあえずテスト

テストです。

Blue hills

こんな感じで更新します。
プロフィール

藪漕ぎ山男

Author:藪漕ぎ山男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード