カラモン峰

9月13日~14日にカラモン峰の藪漕ぎを敢行してきた。その時の事を少し書こうと思う。
当初の予定では「宮屋敷跡」でテントを張り「三ヶ辻山」を往復して宿泊、翌朝カラモン峰にアタックの積りだったが「宮屋敷」はゴツゴツの岩場でとてもテントを張れる場所では無かったので頂上までテントを担ぎ上げた。結果、頂上から少し西進した所に絶好のテンバを見つけ早速テントを設営、しばし休憩の後、カラモン峰へ下見に出かけた。5時には食事をし6時にはもうシュラフイン、「こんなに早くから寝れるかな~」なんていいながらも(自分はウイスキーの力を借りて)翌朝6時まで熟睡した3人でありました。

テン場
地形図を見た限りでは人形山からカラモン峰までは一キロ余り、多少のアップダウンはあるものの2時間あれば行けるだろう帰りも1時間で計3時間、楽に「三ヶ辻山」も登って帰れるわい、なん楽にて考えていたのだ。
まだ遠い
ところがこの藪、尋常では無かった。今まで経験した事がない超密藪で悪戦苦闘、事前に用意した目印200本を使い果たし頭に巻いていた日本手ぬぐいを細く裂いて代用、これで行き着くか?と思ったが、、、
あんぐり
あんぐり、、ここは偽ピークで本物はまだ先でした。もう厭戦モード、小村さんがいなければ「また今度にしようよ~」とささやく妻の甘い誘いに負けて撤退していたかもしれない。その後ももう一本手ぬぐいを犠牲にして何とか三角点に到達した。予想タイムの約、倍の行きに4時間帰りに3時間計、計7時間の過激な藪漕ぎでした。無事三角点を確認したものの敗北感漂う帰り道だった。
三角点

如来様道下見

10月19日に小松山岳協会、山中山岳会、加賀山岳会との合同山行で如来様道を辿り小大日経由で陶石山を経て登山口に戻る計画がある、今日は小村さんと如来様道の下見に出かけて来た。この道は険路で距離も長く渡渉も4回と
かなりハードではあるが地味でもありいわば玄人好みのコースで若人受けしないのが弱い。はっきりとしない天気の中8時間30分かけて歩いてきたがなんと登山口から大日山の登山道に突き当たるまで草刈がされておりびっくり!
大日山から小大日までの登山道の方が笹がはびこり状態が悪かったし小大日から陶石山の間も一部笹がはびこっていた。だがこれといって危険個所もなかったので雨さえ降らなければ決行である。今日は登山道の要所、要所に手作りの看板と目印を下げてきた。

ホームページの突然の閉鎖

ひと月ほど前、突然ホームページが閉鎖してしまいました。
原因は不明ですが復旧に向けて動いております、暫くはBLOGのほうで少しづつ更新していこうと思います。

鷹落山~動山

カラモン峰の藪漕ぎは予想外に手強かったし菅倉山の伐開もかなり疲れた。祭日の今日は久々に登山道のある山へ行きたかった。こんなに近くにありながらまだ歩いていなかった「鷹落山」~「動山」に行く事にした。縦走路はつい最近に
草刈をされたようで問題なく快適であるが縦走路の約4㌔間、ずうっーと蜘蛛の巣が張られていて巣を払いながら歩くのだが一生懸命に巣を張った蜘蛛になんだかもうし訳なく「すまん、すまん」とあやまりながら歩く。

蜘蛛の巣
「鷹落山」から約1:30、誰もいない「動山」に着く。両山とも5回ぐらいは登っているが縦走したのは初めてでかなり満足した
これだけ整備された登山道ならトレイルランに最適だなと思った。
来年、退職して時間ができればトレーニングに励みトレイルランにチャレンジするのもいいかなと思っているが如何なることやら、、、

動山頂上

菅倉山登山道開通

菅倉山登山道開通 
山中山岳会が開発していた「菅倉山」への登山道が本日完成しました。
我が加賀山岳会からも3名参加、チエンソーと草刈機で応援です。
5年程前に付けた山名板に再会、感激です。ホワイトアウトでここが頂上と思った所です。
三角点はまだ密藪の向こうですが皆の勢いは止まりません。

旧山名板

山名板から約一時間で三角点に到達、万歳です。頂上からの見晴もよく荒作りの登山道もこれから徐々に整備されていくでしょう。また一つ加賀地方に一般登山者が登れる山が増えました。
山中山岳会の皆さん、ご苦労さまでした。

菅倉三角点


プロフィール

藪漕ぎ山男

Author:藪漕ぎ山男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード