山の神峠

本日の目的は富山県利賀村水無にある二等三角点「水無山」点名「大当火」であった。高速道を使い遠路やってきたが
利賀川ダムに至る道路が「大勘場」で通行止め!「どうする」と嫁と協議の結果、ここに来る途中に通った「新山の神トンネル」の上に「山の神峠」と云う三等三角点があるのを思いだした。しかし、肝心の地形図も用意してないし、三角点は峠にある祠から離れた場所にあったというかすかな記憶だけ、、これでは雲をつかむような話ではあるがとりあえずGO!

通行止め

新山の神トンネルの出口に旧の峠道に入る細い林道があった。
なんとか車が入れそう!しかも舗装がしてある、とは言っても道幅は狭くジムニーでさえボディーを草木になでられる。
普通車では到底無理!対向車が来たらどうしようって!トンネルが通過出来ないので来るわけないか、、
ここから上に伸びる林道はダートで状態が悪そうなので車をこの場所に止め歩きだす。
写真は旧、「山の神隧道」
山の神隧道と愛車

道なりに歩いていくと放送局の中継設備が2ヶ所ありどうもそこから先が一番標高が高そう。峠の祠を探すが何処にも見当たらぬ、、(家に帰り地形図を見ると峠の逆方向に入ったようだ)背丈に伸びた笹を漕いで行くと送電線の鉄塔に行き着いた。そこから道は下って行くので元来た所へ引き返した。
「地理院の白杭がたっとらんかなぁ~」なんて甘い期待をしながら小高い所を透かして見るが在るわけないよな~
来る時も気になったがブナの木を伐り倒しそのまま放置してある場所がある。どうして利用もしないのに伐り倒すかな
「可哀そうに!」などと言いながら何気無くその場所にいってみた。ちょっと離れた場所にピンクのテープが下がっている。
木を切り倒す時に付けた印やろ、、なんて思いながら何気なくその場に行くと、、、
ブナ切倒し

これは夢か幻か、、ありました「山の神峠」三等三角点、標高902.4mまさか見つけられるとは思わなかったので二人とも
大喜び、いつものコンビニおにぎりが特別に美味く感じたのでありました。

山の神峠

ここいら辺のブナも紅葉していてとても雰囲気の良い場所でありました。本命の「大当火」には行けなかったが大満足!
付記、三角点付近には地形図にない林道が伸びています。車は通行不可!

高倉山、散髪


高倉の頂上部が草木でボウボウなのを10月11日(土)に登って知った。今日、あんまりいい天気なもので、ちょっと勿体ないかな?と思ったが他の山に登るのはあきらめて高倉の散髪にやってきた。急登の山を草刈機を持ち上げるのはしんどい!汗だくになってようよう頂上についた。まずは冷たいビールを飲んで一息、作業はその後から



ボウボウ

さっぱりとして、男前があがったね!今日は山中山岳会の家出さんも徳助新道の笹を刈りはらっている筈、いくら耳をそばだててもここまでエンジン音は聞こえないか、、

サッパリ


先週辿った尾根の向こうに白山が見えました。
ちなみに徳助の頭方面に300m程道を切り開いてみました。途中に境界杭があって、なんだか以前に道があった気配!

白山遠望

交流登山

今年の8月、県体の折に小松山岳協会の方が「交流登山が出来ないか?」と問いかけてこられ考えてみると答えた。それを計画、立案して今日の「如来様道~陶石山」の交流登山となった。天気は申し分なし、しかし昨日の大雨で川が増水し渡渉にやたら時間がかかった。

渡渉

今まで冷水の頭には標識が無かったのでこの機会に制作し取り付けた。

冷水の頭

今日の登山の仲間です。これから継続できるといいな!と思っています。ご苦労さまでした。

集合写真


那谷寺

大型の台風19号が接近との事で高倉の整備は取りやめたが余り雨足もひどくならないので久しくいっていない那谷寺に参拝する事にした。雨の日でもあり紅葉にはまだ早い事もあって境内は閑散としていた。目的は苦難が去ると言われている棟梁猿の頭をなでる事なのである。何故か今年の元旦に棟梁猿に出会ってから予想に反していい事が多かったのでゲンかつぎにしているのだ。今年も残す所後、2ヶ月半、よろしく頼みます。
その後、小松のアルペンに行き、ジョギングブーツとヒザのサポータを買ってきた、すぐジムで試してみたがいつもすぐ痛くなる膝もいたくならなかったのでこれは効果が期待できそうである。
那谷寺

鞍掛山

昨日の宴会で二日酔いになり体調が最悪だがこう天気が良いとどこかへ行かなくてはと気が焦る。午後2時からは会社の安全大会が片山津であるので時間が余りない。そこで短時間で終わる鞍掛山に出かける事にした。しかしなんて人気のある山なんだろう?駐車場が第一、第二とも満杯状態で一体どれだけの人が登っているのかと少々嫌気がさしてきた。
西谷登山道から登ったが所要時間は45分、二日酔いでの登りなのでそんな所だろう。避難小屋の屋根と外部が改修されていたが内部は前のまんまである。前の小屋は取り壊し新しくログハウスになると聞いていたのでなんだかガッカリであった。
 
改修された小屋

登山道整備

今日は午後3時から九谷公園にて菅倉山登山道開通の宴会に招かれている。このいい天気に3時までブラブラするのもなんだし、高倉の整備に行く事にした。鎌でひこばえの枝や草を刈り払い枯れ枝を除去して4時間で頂上に到着。
そしたらびっくり!5月にはまだ全然伸びてなかった細かい木々がびっしりと生えていて三角点までも埋もれていた。
日当たりが良いとこれほどまでに植物は育つものなのだ。また草刈機を担ぎ上げなくては、、、

山頂


午後3時から怒涛の宴会に突入!ビール、日本酒、焼酎とだんだんアルコール度数が上がって行くに従って皆のメートルもうなぎのぼりである。来年の市民登山を合同でやろうなどと話もいい方向に向いてきた。

宴会


日が落ちて暗くなってから「山中山岳会の宝」と称される後藤さんがお祝いの酒とケーキを持って駆け付けてきてくれその心ずかいに一同「大感激」一緒に記念写真を撮ってもらった辺りまで覚えているが後藤さんが退席したそこから先は恥ずかしながら記憶がないのだ。朝ひどい二日酔いになったのは云うまでもない

お祝い

菅倉山完全開通

<昨日の夜、家出さんに電話で確認した、「明日は雨だが計画変更は無いの?」「もちろん、雨が降ろうが雪が降ろうが決行です」 やっぱりなぁ聞くだけ無駄だったわ!で、 今日はいつもより30分遅い現地7:30分集合だった。最初から雨模様、上下とも雨具装着で完全武装、雨で濡れるか、汗で濡れるかの二者択一である。でも雨の日の登山はこんな墨絵のような幻想的な景色が見れて素敵です。

墨絵の世界

ここの台地は誠に見晴が良い。

幻想的

<手前味噌ですが「加賀高倉山」あまり人に知られずとも凛として立派です。いよっ~!格好いいよ~!

高倉山
<

頂上に看板設置、ついに完全開通です。万歳!

看板設置
プロフィール

藪漕ぎ山男

Author:藪漕ぎ山男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード