大鷲ヶ滝~687P

下調べもなく勝山の水無山(点名、細野山)に岩屋観音からの破線の道を辿ろうとやってきた。岩屋川にかかる橋を渡り注意深く斜面を見ながら歩くと右に入る道があり、そのまま進むと川を渡ってしまった。どうも大鷲ヶ滝へいくようだ。滝からまた右の尾根へ渡るのかも、、と前進する。

P1060333.jpg

かなり上まで来ても右の斜面には渡らない、、戻ろうか、、とだいぶ考えたが、ふと前を見るとトラロープが下がっていた。まあ、ちょいと上がって見ますか、、

P1060335.jpg

杉の植林地帯であった。しかし等間隔でピンクの目印が下がっている。急ではあるが歩き易い、、谷が深く割れ右の尾根がドンドン離れていくが、、「もう、行けるとこまで行ってやれ!」と開き直る。一人なので反対する者がいない気楽なものである。

P1060336.jpg

一度杉の植林地帯が終わり藪となったがピンクのテープは続き再び植林地帯へ入った。もしかすると尾根に道が付いているかも、、と期待してしまう。

P1060337.jpg

続きを読む

吉波 三等三角点

天気予報では午後から雨との事なので今日も簡単そうな三角点にした。雨が降る前にかたずける予定である。永平寺町吉波にある「吉波」三等三角点である。吉波集落に入り神社横に伸びる林道は高い鉄柵に阻まれた。次の林道は土採取場跡地であった。
崖の突端から取りつく事にした。ここから目指す高みは見えない。

P1060331.jpg

崖のふちはこんな感じで多少危険な個所があった。所々に朽ちた立ち入り禁止の看板がある。「だれ~もこんな所へこんて!、、」とは思ったが土採りが稼働してた時は危険なので立ち入られたくなかったでしょうな!、、

P1060321.jpg
P1060330.jpg

主尾根に上がる前に岩場がある、手がかり足掛かりが十分で今日一番の楽しみドコロでした。ここまでかなりうるさい藪であった。

P1060327.jpg

続きを読む

高平 三等三角点

高倉~小大日~千束の滝周回の道の伐開はまだ雪が多くて入れぬ状態だし行きたい山もまたしかりである。地図読み名人の妻がいない時は比較的簡単そうな三角点をチョイスするのだが2万5千図「龍谷」を見て今日はこれ!、と選んだのが「高平」三等三角点、鉄塔巡視路を利用して簡単に行けそうである。写真は「荒土」辺りから見た「越前兜」

P1060303.jpg

          しこんぼ山と右端は高尾岳

P1060304.jpg

境(集落「外れで巡視路入り口を発見、これを辿る。二つ目の鉄塔に登り詰めたらそこで巡視路がとぎれた、一度降りて奥まで谷地形を詰めたが送電線巡視路は無し、もう一度二番目の鉄塔に戻り三角点の尾根まで藪を漕ぐ事にした。

P1060306.jpg

主尾根に着いたら杉の植林の為、道が付いておりすんなりと「高平」三等三角点 368,5m

P1060308.jpg

続きを読む

御光山 768m

午後、ジムニーに折り畳み自転車を載せて県民の森へ向かった。立杉峠は雪はもうないがまだ整備されてないようで落石が目立つ、県民の森も建物はまだ閉ざされたまま無人である。

P1060302.jpg

やはりママチャリに未舗装林道はこたえます、急坂のだいぶ下部でデポしてきました。写真はレポートで見た林道を迷った地点です。尾根から降りて林道に出た地点、林道は下に伸びています、さらに右下にも林道が見えるのでまず間違いなく直進してしまうでしょう。ここは左に登って行く所です。そのまま進んでも行き止まりとなり「なんだ、これは、、」となります。

P1060300.jpg

矢印を正しい位置に置き直しておきました。(ちゃんとした標識を取り付けようと思います。)折角なので三角点まで行ってこようか、、

P1060289.jpg

トレランの時の薄い赤のテープが所処に付いていますが蛍光色のピンクテープを補助に付けておきました。これで迷う事は無いと思います。御光山の登りに掛かると太いブナが数多く気持ち良い空間が現れます。

P1060290.jpg

続きを読む

とのお新道整備


昨日、枯れた松をおおかた除去したので今日の作業は簡単に終了した。本日の参加者は9名、毎回恒例のシシ鍋で皆満足!〆のうどんで満腹です。

P1060285_20160327221540a66.jpg

後山の眺望が大笠、笈方面が木に遮られ見ずらかったのを刈り払いました。

P1060286_20160327221541a22.jpg

白山はバッチリ、今日は良い天気で作業も気持ち良く終える事が出来ました。新人も参加!良い1日でした!

P1060287_20160327221542407.jpg

鞍掛山とのお新道

27日に加賀山岳会でとのお新道の登山道整備の予定である。その前に登山道がどんな状態か確認に入ってみた。
登山道自体はそれほど整備は必要ないが登山道に面した枯れた松が数多くある。この松も根元を蹴ってみたらこんな状態でいつ倒れるかも知れず危険である。そんなに切羽詰まってないが他にもざっと12~16本あり、、

P1060278.jpg

平成15年3月に設置した立看板、13年経過したらほとんどの看板の支柱が腐っています。その内の一つ「大日覗」は熊に齧られたやらバラバラになって看板だった面影すらありません。

P1060284.jpg

小獅子岩、、今日は曇りで余りスッキリしません。余り知られていませんが、、この小獅子岩、下部をぐるりと廻れます。

P1060277.jpg
P1060273.jpg

続きを読む

尾木平 三等三角点

いろいろ言い訳もありますが、、前回チャレンジの折は藪漕ぎ中に何時の間にかウエストバックのフアスナーが全開になっていて
地図を落とすというアクシデントがありました。それで 676Mの広い大地に到達してから北上しなければならない所を左に小高い716M峰が見えたのでそのまま辿ってしまったようだ。今日は隧道を抜けてすぐの尾根に取りついたので676Mに着いたとすぐ分かりスムーズに三角点まで到達出来た。

P1060259.jpg

長い間家に居残っていた点名板ですがようやくハケました。

P1060261.jpg

  周囲にピンクのリボン一つ、、怪人N、Mだそうです。

P1060262.jpg

木々がさえぎり眺望は得られません、高倉山越しに白山が見えます。

P1060260.jpg

続きを読む

むしろしき山

昨日、日尻谷の三角点を確認してからの帰りにこの「七ッ岳」の取りつきをを探した。今立郡池田町板垣の板垣トンネルを抜けてすぐに小公園がある。そこの周りに鉄塔巡視路の入り口でもないか、、となにげに車で走ったら地形図にも道路地図にも出ていない林道を発見した。この林道はかなり上部まで雪は消えていてもうしばらく歩けば峠であろうと思われた。
今日は車を止めて、歩きだして10分も歩いただろうか?、、目前にどど~んと「部子山」がどでかい姿を現した。「おお~ッ冠山も見える」「スキージャムの後ろに白山、別山もくっきりと見える」「この林道はスーパー林道だっ!」「何故こんな景色の良い林道が人に知られていないのだ、、」「勿体ない」と二人のテンションあがりまくりであった。

P1060233.jpg
P1060234.jpg
P1060235.jpg

尾根筋の藪の薄そうな所から取りつこうか、、と思ったがもう少し歩いて見ようと坂道を下り始めた所、、
なんと、、尾根にむかい立派な遊歩道がついているではないか、、、

P1060239.jpg

続きを読む

本日のおまけ


2万5千図「永平寺」の左上、福井市下中町にある大東中学校、今日は車が一杯、、野球の大会が行われているようです。お蔭で気兼ねなく校庭に入れました。近頃は学校の校舎内に入るのには気を使います。

P1060216.jpg

P1060215.jpg

大東中学校 四等三角点 12m

P1060214.jpg

永平寺町、奈良瀬町  宇坂小学校裏手にある「石子山」四等はグーグルが示した場所に無かった。
2万5千図「永平寺」27点のうち残す所、「鍋谷」三等 あと一点となりました。

P1060217.jpg

日尻谷 三等三角点


池田町から国道417号線を北上「中印町」(なかいんちょう)に入り込む。前回下見の時は集落の終わりから雪の為車は入り込む事が出来なかったが今日は雪が消えている。しかし目指す尾根から左の方へ林道が伸びて行ってるので車は集落の外れの通行の邪魔にならない所に駐車して歩いて行く、谷を詰める形で道型があるような無いような藪こぎであるような無いような、、とにかくイノシシが荒らしたグチャグチャな沢沿いを詰める事30分でいきなり林道に出た。

P1060219.jpg

「しまった!」やはりあのまま林道を歩けば良かったのかな、、とも思ったが後でその詳細が分かる事になる。
白くとんで文字が読めないが「林道上月尾線」とかかれていた。2万5千図にも道路地図にもこの林道は描かれていない。

P1060220.jpg

お目当ての鉄塔巡視路の入り口はここにありました。下でどれだけ探しても見つからない筈だ、、

P1060221.jpg

一番目の鉄塔から見た「中印町」(なかいん)集落外れに止めたマイカーが見えました。

P1060222.jpg

続きを読む

プロフィール

藪漕ぎ山男

Author:藪漕ぎ山男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード