小松 火燈山

8年前の1月12日に小松の火燈山に登っている。その時は三坂トンネルを抜けた鳥越方面からの尾根を忠実に辿った。最初だけ藪っぽかったが登るにつれ雪で藪が押さえられすんなり登った記憶がある。その時は三角点の確認も出来たので再び登ろうとは思わなかったのであるが、最近登った山中山岳会のレポートでは三坂トンネルの小松側から旧の三坂峠の道があり、火燈山に至る道も付いているらしい。その道を歩こうと思い立ちやって来た。

P1070975.jpg

三坂トンネル、小松側、除雪の際のくぼみがあり何とか車一台駐車出来た。もう少し下に待機所があるが、工事車両が停まっており駐車不可である。除雪で出来た壁を乗り越え少し下ると道型が現れる。杉林の下は雪が締まっていて歩き易い。

P1070976.jpg

  府峠  (旧、三坂峠は国府に行く道であるので「府峠」と呼ばれたという説がある)

P1070977.jpg

何処から尾根に取りつくのかな?と当たりを見渡すと左の立木に赤ペンキで丸が描かれている。

P1070978.jpg
尾根分岐、火燈山頂上まで40分の木片、小松コーゲイ山岳会の物です。(他に2点程あったがいずれも古く判読不能だった。)
鳥越方面からの尾根と合流する所である。

P1070979.jpg

8年前の点名板は雪の下か?それともとうに朽ち果てたか?ありません!前回は吹雪いて眺望は無かったが今回はバッチリです。でもここからの白山より「明神壁山」から見た白山が印象深い。頂上部は1m位の積雪か?新雪の為カンジキを付けていても膝辺りまで潜り込み、急坂では股まで沈み難儀しましたがトレースを辿る下りは楽ちんである。気温が上がり枝に付いた雪が落ち始めた為、急ぎ降りる。何度か首筋に落ち「ヒエー!」と震えあがる、、、

P1070985.jpg
P1070981.jpg

            大笠山             笈
P1070984.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

藪漕ぎ山男

Author:藪漕ぎ山男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード