富士写ヶ岳

朝方の抜けるような青空に騙された。我谷の登山口に10時着、その頃から空が曇り薄暗くなってきた。福井ナンバーの車が一台先着していた。赤い吊り橋には雪は無し、、(多い時には手すりを越える雪で恐怖をあじあうのだが)登山道は踏み跡の雪が固く締り坪足で歩ける、
先着の人の足跡を見るとスパイク長靴の人と普通の長靴の人の二人ずれの様である。

P1080023.jpg

やはり雪不足、藪が押さえ込まれていません。登山道も上部になったら、5歩進むうち一度はゴボルようになりカンジキを付ける。

P1080028.jpg

頂上真下で先着の人が降りてきた。軽く挨拶を交わす。12:30 頂上着(2:30)辺り一面真っ白け、方位板も雪の下吹雪いて寒いので即、下山、昼食は風の当たらぬ鞍部で食べたが雪が降り積もり寒かった、送電線の鉄塔辺りから水気を含んだ雪となり車に着いた時には雨となった。今日はうららかなノンビリ登山を描いていたのだが思わぬ雪山の厳しさを味わった!

P1080024.jpg
P1080025.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

藪漕ぎ山男

Author:藪漕ぎ山男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード