登山道整備

P1080448.jpg

ゲートの横につつましい案内板をつけました。ほんとはもっと大きい物を付けたかったが、仕事で建築現場を廻っていた頃はいくらでも良い材料を得られたのに建築現場に用のない今では殆ど手に入らないのだ。こんなものに金を使うのも勿体ないし、、、
キツネの部分は解体した箪笥の箱部分でラワン材である。ニスは塗ったが雨をすってすぐに腐ると思われる。

P1080447.jpg
P1080451.jpg

高倉の石楠花、下部ではもう盛りです。何故か中間部分は蕾が少なくて余り期待できません。その代り「真砂谷の頭」は物凄い蕾の量で丁度連休当たりに爆咲の予想である。

P1080449.jpg

イワウチワが見事でした。ここいらで単独の男性が不意にあらわれ大いに驚いた。聞けば小松の人で山はほとんど単独行で混み合う山などは避け、マイナ―な山が好みとかで話しがあった。

P1080454.jpg

悪魔の手の標識はもう朽ち果てそうだったので付け替えました。
ここまでは前回に整備済み、落ちた枝などを除去しひこばえの小枝などを刈りながら進む。

P1080452.jpg

縁起の良い名前を付けました。

P1080455.jpg

高倉から真砂谷の頭は「刈り払い機」が必要な状態であった。そうこうしている内に単独行の男性が戻って来たので一緒に下山する。千本杉の手前から残雪で登山道が不明瞭だったとの事、倒木は無かったとの事なので次回は刈り払い機を持ち上げる予定。

P1080456.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

藪漕ぎ山男

Author:藪漕ぎ山男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード